はじめて葬儀を行う際に必要な準備とは?

葬儀場の確認や時間と葬儀規模の把握を

葬儀場の確認や時間と葬儀規模の把握を 人の訃報は突然やってきます。
社会人になると、特にこうした訃報に触れ、それに迅速に対応しなければいけません。
社旗人になったのであれば、先ずは冠婚葬祭に適応できるブラックフォーマルを一着は購入する必要があります。
デザインが普遍的で、流行に流されないものであれば、長年冠婚葬祭に身に着けていくことができます。
会社のロッカーに一着置いておくと、迅速に葬儀などの参列が出来るようになります。
女性の場合は黒のパンティーストッキング、パールのネックレスやイヤリングも忘れずに準備しましょう。
訃報を聞いたのであれば、まずは時間と場所の確認、葬儀の規模の把握をしなければいけません。
小規模の一般葬であれば、会社であれば代表者二名程度が参列すれば十分です。
大勢で参列すると返礼品や食事などかえって気を使わせご迷惑がかかるからです。
最近は家族葬、直葬を選択する家庭も多くなりました。
この場合には参列は不要です。
その代わり供花と電報の手配を忘れずにしないといけません。

葬儀の参列におけるみだしなみについて

葬儀の参列におけるみだしなみについて 葬儀に参列する際には、喪服や黒い靴などいろいろなしきたりがあります。
近年の葬儀では正装や黒い服にこだわらない風潮もありますが、他の参列者や遺族に失礼になるような服はさけるべきです。
基本は黒色でネクタイや靴、鞄や傘などの小物も黒でそろえ、たとえ黒色でもエナメルのような光る素材や本革など殺生を連想させる素材はひかえます。
忘れがちなのはハンカチや返礼品を入れるサブバッグなどの日用小物で、無地の灰色にして派手な柄の物を葬儀の最中に出さないように注意が必要です。
女性の場合は黒無地のアンサンブルやスーツ、ワンピースなどを選び正座したときに膝が隠れるぐらい丈のスカートにします。
あまり派手なメイクはさけ、派手な色の髪色やネイルも落としたほうが無難です。
どうしても落としたくな場合はネイルは手袋をする、髪はウィッグをかぶるなども手もあります。
若い世代は葬儀用の正装を持ってない人もいますが、お葬式用の服をレンタルしてくれる業者を利用するのもひとつの手です。

-->